骨の薄い方へ

HOME > 骨の薄い方へ

骨が薄くても骨造成・再生技術で治療が可能に

必要な骨の幅や高さが不足しているとインプラント治療が出来ない場合があります。このような場合、今まではインプラント治療が行えず、入れ歯やブリッジでしか歯が抜けた場所を補えませんでした。
しかし、GBR(骨誘導再生法)、べニア・グラフト、ソケットリフト、サイナスリフト(上顎洞底挙上術)などの骨造成・再生技術により、骨が不足している方でもインプラント治療が可能なのです。

代表的な骨移植術

サイナスリフト
上顎の奥の骨が極度に薄い時に、お口の中から鼻の横にある空洞(副鼻腔)に窓を開け、そこに骨を追加して骨を増やす方法です。
ソケットリフト
上顎の奥の骨が薄い時に、鼻の横にある空洞(副鼻腔)の底を持ち上げ、そこに骨を追加してインプラントを同時に埋め込む方法です。
上顎の奥の骨が薄い時に、鼻の横にある空洞(副鼻腔)の底を持ち上げ、そこに骨を追加してインプラントを同時に埋め込む方法です。
上顎の奥の骨が薄い時に、鼻の横にある空洞(副鼻腔)の底を持ち上げ、そこに骨を追加してインプラントを同時に埋め込む方法です。
べニア・グラフト
インプラントを埋める場所とは別の場所から骨を採取して、埋める場所へと移植する方法です。

骨の幅が狭い場合に骨を広げる方法

インプラントを埋入する際、その部分の骨の高さは充分でも幅が不足していることがよくあります。このような場合に対して行われる手法に「リッジエキスパンジョン」と「スプリットクレスト」いう方法があります。

リッジエクスパンジョン手術

リッジエクスパンジョン手術

リッジエクスパンジョン手術はインプラントを埋入する部位の不足している骨の幅を広げる方法で、ボーンスプレダーという器具を使って、インプラントを埋入する穴を手指により段階的に押し広げていきます。骨が不足している症例に対して行われるGBR法より確実にインプラントを成功させます。
上下顎とも適応となりますが、どちらかというと上顎のリッジエクスパンジョン手術の方が容易です。

スプリットクレスト手術

スプリットクレストは極端に薄くなった骨を分割して、その隙間にインプラントを埋入する方法ですが、非常に割れやすくなっている歯槽骨を破折しないように細心の注意を払う必要があり、高度な技術力が求められる治療法です。

従来のスプリットクレスト

従来のスプリットクレスト

  • 薄くなっている骨を、骨ノミを使用して2枚に分割します。 一度で割るのではなく、何種類かのノミを使い分けながら、慎重に骨を広げて行きます。
    ※従来のスプリットクレストでは、骨ノミをハンマーで激しく叩いていました。
  • 分割した隙間にインプラントを埋入します。
    インプラントを支えるための十分な骨を作るため、骨補填材を詰め込んで縫合します。
    6ヶ月程度で骨が増加し、インプラントがしっかりと固定されます。

最新のスプリットクレストとは

最新のスプリットクレストとは

これまでは、骨ノミをハンマー(金づち)で激しく叩いて骨を分割していたため、患者様にはハンマーで叩く際に出る音と振動がかなりの負担になっていました。当医院では最新の超音波医療機器ピエゾサージェリーを導入することにより、歯石をとるような感覚で安全に骨を分割することが可能となりました。 上下顎とも適応となりますが、リッジエクスパンジョン手術と同様に上顎のの方が容易です。