従来の治療との比較

HOME > 従来の治療との比較

永久歯を失った方がインプラント治療を行うきっかけ…

インプラント治療のメリットやデメリットをご説明する前に、以下に永久歯を失ってしまい当医院へ相談にこられた方の悩みをリストアップ致します。

リストアップ

これらは、すべて実際に患者様から受けたご相談の一部です。
不幸にして歯を失ってしまったときにそれを補う方法は3つしかありません。

◎ 取外し式の「入れ歯
◎ 周囲の歯を削って固定する「ブリッジ
◎ 「インプラント治療

これまで、失った歯を補う歯科治療はどうしても他の歯に負担をかけてしまいそれが元で逆に歯の喪失を早くしてしまうことにもなりかねませんでした。

従来の治療法として、失った歯が1~2本の場合は、隣り合った健康な歯を削って支えとする「ブリッジ」、隣の歯に金属のバネをかける「部分入れ歯」、さらに全ての歯を失った場合には「総入れ歯」を作るのが一般的な治療法として普及しています。
しかしながらこれらの治療法は、それまでの自分の歯と同じ様に食物を噛むことができなかったり、手入れが大変であったり、見た目に影響が出てしまったり…といった問題があります。さらに一番の欠点として、他の歯を削ったり、金具を引っ掛けたりと、他の歯に大きな負担をかける治療法であるため、歯を早期に失う原因となってしまいます。
インプラント治療はこうした問題を解決する新しい治療法として開発された、他の歯に負担をかけない治療法なのです。
これからは1本でも歯を失ってしまったところにインプラント治療を行うことは、お口の中全体の健康を長期的に保つためにも 第一選択の治療法ということになります。是非、その違いを比べて見て下さい。

「部分入れ歯」「総入れ歯」のメリット・デメリット

メリット

◎ 入れ歯は歯を削らずに作ることができます。
(金具のかかる歯をわずかに削る必要があります。)

◎ 治療時間が短く、費用が安く抑えられます。

◎ 簡単に修理や再製作ができます。

デメリット

◎ 入れ歯を固定するためFの金具が見えてしまうので見た目が悪く、入れ歯を入れている事が他の人に分かってしまいます。

◎ 食事の度に入れ歯を外して歯磨きをしなければなりませんし、入れ歯自体の汚れもしっかり除去する必要があります。人前で入れ歯を外すことは困難ですので、お口の中が不潔になりやすいです。

◎ 新しく作った入れ歯は歯ぐきに馴染んでいないため、物を咬むと痛みが出やすく調整に時間がかかることがあります。

◎ 大きな入れ歯になるほど、異物感が強くなりなれるのに時間がかかります。

◎「さ行」などの発音がしにくい事があります。

◎ お餅などの粘着性の食べ物は噛みにくく、入れ歯がはずれてしまうことがあります。

◎ 咬む力は天然歯の約1/3です。

◎ 金具がかかる歯に力がかかりやすく負担が増し、歯の寿命が短くなります。

◎ 比較的異物感の少ない金属床は保険が効きません。

「ブリッジ」のメリット・デメリット

メリット

◎ ブリッジの形は天然歯とほぼ同じなので異物感がほとんどありません。

◎ ジルコニア、セラミックなどの素材で作れば自分の歯と見間違うようなきれいな歯を入れる事ができます。

◎ 周囲の歯に接着剤で付けるため入れ歯のように外れることがありません。
(年月が経つと外れることがあります。)

デメリット

◎ ブリッジを入れるためには失った歯の隣の歯を、健康な歯であっても削る必要があります。(失った歯の数が増えると、削らなければならない歯の数も増えます。)

◎ 虫歯がない健康な歯を削った場合、歯の寿命は短くなってしまいます。

◎ ブリッジにかかる力を両隣の歯で支えるため負担が大きくなり、支えている歯の寿命が短くなります。

◎ 場合によっては、歯をたくさん削らなくてはならず、神経に近いところまで削るとブリッジを入れてから歯が凍みるという不快症状が出ることがあります。

◎ また、あらかじめ歯の削除量が多いと想定される場合は歯の神経を取り、根の治療が必要になることもあります。(歯の神経を取ると歯の寿命は短くなります。)

◎ 咬む力は天然歯の約1/2です。

インプラント治療の注意事項(インプラントが喪失する原因)

安定したインプラントの周りの骨が、喪失する原因は、細菌感染による炎症と噛む力によるものです。ですから、1度骨と結合したインプラントは、細菌と噛む力のストレスが少なければ、10年以上持つものなのです。
しかし、大量の細菌感染、喫煙、全身疾患、歯ぎしり、食いしばり等のストレスが大きければそれだけインプラント喪失の危険性は高くなります。

もし上記の習慣・症状がある場合にはインプラント治療を行う事が最適かどうか、治療後良好な状態が保てるかどうか、一度ご相談くださいませ。