医療費控除対象

HOME > 医療費控除対象

月々わずか数千円からのインプラント治療も可能です

自分自身や家族の医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。歯科治療では、保険のきかない自費診療も著しく特殊なもの以外は対象になります。簡単な確定申告をする事により、減税されます。

医療費控除の一例

(例)インプラント治療費100万円の場合
所得 減税額
500万円 インプラント治療費100万円で、およそ18万円
700万円 インプラント治療費100万円で、およそ27万円
1,000万円 インプラント治療費100万円で、およそ30万円
1,500万円 インプラント治療費100万円で、およそ39万円

※家族構成・その他の要因で異なります

申告期間について

1月1日から12月31日の1年間の「10万円以上200万円迄」の医療費支払額が対象となります。 (年収により10万円以下でも可) 申告の期間:過去5年間遡り申告が有効です。

医療費控除額

医療費控除額=(支払った医療費の額-保険金等で補填された額)-10万円or合計所得金額の5%のいずれか低い金額。
保険金等の例:
・生命保険契約などの入院費給付金の支給額
・健康保険などの療養費・家族療養費・出産育児一時金などの支給額

最高200万円迄/インプラント治療においても適応されます。

交通費の控除

歯科医院までの交通費も控除の対象となります。日時・歯科医院名・交通費・理由を領収書裏面に記載して下さい。
※(注)車での通院のガソリン代・駐車場代は控除対象となりません。

ローンでの支払い

控除対象となります。
※(注)金利、手数料等は医療費控除の対象になりません。

申告方法

医療費控除の詳細はこちら
>> http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
医療費控除対象となる歯科治療についてはこちら
>> http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1128.htm

1. 該当する地域の税務署/申告会場へ直接提出する。
各税務所の所在地( >> http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm
2. 郵便
3. インターネットオンライン申請の「e-tax」( >> http://www.e-tax.nta.go.jp/

上記3つの方法があります。
※直接税務署の申告窓口で相談しながら記入することができます。 初めての申告でも確実に行なうことができて安心です。市区町村によっては、相談会場を設けて くれると ころもあります。各税務所にお問い合わせください