インプラント治療の流れ

HOME > インプラント治療の流れ

01.カウンセリング・検査

カウンセリング・検査

最初に行うのは、患者様とのカウンセリングです。
インプラントは手術的治療ですから、患者様とのご相談を、時間をかけてじっくり行います。また、治療への疑問、ご要望、ご不満、そして現在抱えている問題もそれぞれ多様に違いがあります。さらに、患者さん一人一人審美的な好みも違います。
そのためにインプラント京都では、じっくりと患者さんの声に耳を傾け、患者さんのニーズを詳しく把握するように努めます。

その上で問題を解決する糸口を患者さんと一緒になって考えています。
また、この時に治療期間、費用、メリット、デメリット等についても詳しくお伝えいたします。

まずは、お気軽にご相談してください。
※カウンセリングは無料です。

02.精密診断・治療計画

精密診断・治療計画

次に、X線写真撮影、CTスキャンなどの機器を用いて検査を続けます。
あらかじめ顎の状態を細部にわたって検査し、顎の骨にインプラントを植立するだけの量と厚みがあるかを調べます。
その上で、インプラントを植立させる位置、深さ、角度までを綿密に検討し、さらに口腔内診査を行い、口腔内模型を作成して、顎の骨の状態、厚み、歯肉の状態、歯を失った部分の咬み合わせの具合などを、詳細に調査します。 診査、診断を行います。

03.インプラント埋入手術

インプラント埋入手術

治療計画が決定されれば、インプラント手術前の準備に入ります。
まず、歯周病の初期治療および虫歯の治療は、インプラント治療より優先されます。お口の環境を良くして整えることが何より大切です。
環境が整いましたら、歯がないところへインプラントを埋め込む一次手術を行います。
一度に多数のインプラントを埋め込む時は、若干時間がかかる時がございますが、局所麻酔で日帰りで行うことが出来ます。

さらに、ご希望により静脈内沈静法により手術をおこなうこともできます。
術後のお痛みは、個人差がありますが、ほとんど腫れと痛みはありません。

04.メインテナンス

メインテナンス

被せもの( インプラント上部構造) を土台(アバットメント)に固定し、インプラント治療が終わりましたら、それで終了ではありません。
インプラントは、虫歯にはなりませんが、歯周病にはなる可能性があります。
そのために歯科医院での定期的なメインテナンスがとても重要になります。